忍者ブログ
歴史と創作が好きな管理人のゆるいブログです。 カテゴリーから任意のページへどうぞ。


うちの孔明は劉備死後、髪の毛が短くなります。断髪おいしい。
私はきっと、思い人と死別ないし離別したときに、断髪するキャラが好きなんでしょうね。エヘヘ。

ところで、最近ストレスなのか手が震えてまともな絵が描けません…;;
もしかしたらしばらく雑記のみの更新になるかもですが、どうぞよろしくお願いします;;


以下、BLネタ萌え語り
PR


三国志熱が戻ってきました!!というわけで諸葛亮。
久しぶりに三国志大戦もやりに行きたいなあ…(^^)
 
 
今参局。義政の乳母。

どの和歌の妄想を書いたのか忘れたので、もう一回。


「ひきかえて変わるしも憂き思ふ色をさのみは人の何か見せけむ」
現代語訳は「どうして2人の関係はこれほどまでに変わってしまったのだろうか。変わってしまう心ならば、なぜあの人は私にあなたを想っていますというような素振りを私に見せたのだろうか」。直義、兄を恨んでいるのか?と妄想が捗ります。




「あふことは絶えぬるなかにおなじよの契りばかりぞありてかひなき」
これも良い和歌だけど、少し不明瞭なのが惜しい!現代語訳は「2人が会うことはもうなくなってしまったというのに、同じ現世を生きているという関係だけが続いているのは甲斐もなく儚い関係であることだ」かな。後の尊氏と直義を暗示しているように思えてならない…



「暗きより暗きに迷ふ心をも離れぬ月を待つぞはかなき」
現代語訳するなら、暗い道を迷い迷いて彷徨う私ですが、それでも明るい真如の月を待ち続ける心の儚さよ、かな??真如の月=兄尊氏と考えると儚さも一層募るというもの。あの時兄とともに見た月影をもう一度みたいと願わずにはいられない直義を妄想してしまいます……



「見渡せばやまもと遠き雪の内に煙さびしき里のひとむら」
後鳥羽院の「見渡せば山もとかすむ水無瀬川夕べは秋となにおもひけむ」踏まえてる和歌。でも元歌とはちがって寂しい感じが出てるんだよねぇ。新発見!ってよりも直義の失意が感じられる和歌。如意王の死の野辺の煙と連想したか。



 
大河尊氏の着くずしが可愛い



佐々木導誉の登場シーン見ながら。何度見ても派手な衣装・・・



将軍プラネット(M.S.S.Planet)

8歳の時に 公方叙任される
烏丸の邸宅で 養育されました
嘉吉の乱から 混沌(カオス)が生まれた
私怨だけしかない エゴの戦(いくさ)だけど


管領家お家 騒動が嫌で
親政を試みる
政所執事 貞親が 罷免
文正の 政変起きたら
不安定な存在で 生きるのか
将軍は この先も
絶望から逃げる為に 目指した理想郷


幽玄


聡明丸が 生まれる細川
豊久勝之に 居場所あるのか?
応仁文明の乱 誰が官軍?
いつかこの戦乱を投げだして


廃墟と化す京都 雲雀が鳴いてる
この戦乱では 何も得られない
9代目義尚 将軍に叙任
飲酒のしすぎで 遠征で早世


六角の事ばかり 考えていた
現実は甘くない
不可能が可能に なってしまう
瞬間 明応の政変
完全無敵の 魔法管領が 消えていく 錯乱だ
二度と戻れない 管領家の栄華閉じていく

(あ~~あ~~~)


10代義稙 僕は今から
細川高国に 別れを告げる
等持院の戦い 次は阿波へ
泊まり定めぬ 流れ公方


12代将軍は 義晴だって
京兆家の内紛で 擁立さ
晴元長慶 争ってる
公方擁す限りは 俺の勝ち


最強13代 剣豪将軍
永禄の変で 横死する
終焉15代目 ビッグバン
尾張の風雲児に 追放される



応仁哀歌(携帯哀歌)



応仁の乱が始まって数年
諸国で動乱止まないの
だから僕の将軍牙旗は
悲しいけれど無意味なのさ
しょうがなく公方でいた時は
お家騒動に介入する
だけども返ってくる言葉は
「公方は何もしないでいて」

京都の中でワーワーワー
足軽野武士が叫んでる
火事かもしれないと嫁は言うが
「炎上?上等じゃない」

燃える寺の横 酒宴をひらく
息子は帝の 子だといわれてる
帝に漢詩で諌められたけど
(庭づくり)一時中断で止めはしないから


6代 is stern(ワールドイズマイン)


日ノ本で1番公方様
そういう扱い心得て…よね

その1いつもと違う直垂に気がつくこと
その2ヒゲまでちゃんと見ること
いいな?
その3公方の一言には守護どもは従うこと
わかったら松を抜いてる奴ををなんとかしろ

べつに暴論なんて言ってないんだから
守護に心から誓って欲しいの忠誠を


日ノ本で1番くぼうさま
道ふさぐ ニワトリ 洛外追放だ
私を誰だと思ってるんだ?
もう何だか叡山ムカつく
斬首するわ


貿易?再開に決まってるでしょ
文句は許しませんぞ
少弐?私の話ちゃんと聞いてる?
ちょっとぉ…
あ、それとね?正親町三条尹子
正室にして
分かったら跪拝して叩頭して「くぼうさま」って

べつに
気が短いってわけじゃないんだから
でもね
少しくらい諌めてくれたっていいのよ

日ノ本で私だけが君主様
ほほえんだ 義資
誰かに殺された
苛烈で繊細なくぼうさま
酌が 下手!出家して早く
絶対 守護はわかってない わかってないわ…


叡山炎上集団自決
噂したものはみんな消します
献上された 梅が折れた
庭師はすぐにクビにした
鎌倉公方は絶許だもん
結城!後悔するなよ?


当然です!だって私は


日ノ本の六代公方様
子鴨がきた?
満祐邸行っちゃうよ?
不意に厩開いた
急に そんな! えっ?
「存在が 危ないよ」
そう言って余を刺す君


……万人恐怖の終わり



Fire◎kyoto(Fire◎Flower)




「最初から君を将軍にすれば良かった」なんて
御所で歌うんだ
武家たちの夢を 叶えるための棟梁 
荷が重すぎて この職やめたい
燃える室町 戦火を交えた
燃え出す導火線 誰も止められない

幕府の終わりが 今訪れたとしたら
全部ほっぽって 幽玄に没頭できるのにね

Like a Fire 京都 
大義 消えちゃわないように
牙旗をもらい 西軍攻めろ
「最初から僕が将軍にならなきゃ良かった」なんて 
本音こぼして ああ
 
ASHIKAGA-御輿-フェスティバル
(FUJIMORI-祭り-フェスティバル)



恋すれど(オイ)花吹雪(ア・ソレ)
夢見れど(オイ)桜吹雪(エイヤッサー)
恋すれど(オイ)花吹雪(ア・ソレ)
夢見れど(オイ)桜吹雪(エイヤッサー)

さぁ今年も待ちわびた熱い六角征伐だぜ
あぁゲリラ戦 奇襲され 金剛寺 撤退(ドッコイ)
東西南北見渡せど 公方の威光 まるで無し
皆で政変 首を取れ 公方(神輿)担げや 尾州もやれ
 
エイヤッサー(エイヤッサー) エイヤッサー (エイヤッサー)
ソレソレソレソレ(エイヤッサー)


今宵大嵐 義材奪還する 
諦めはしないのさ公方
張り詰めた糸が ちぎれてしまうような謀反
奥州へ下向? 諫言してみても 
届かない crazy!? For your kanrei!
武家たちを率いる棟梁だ 
足利 A☆SHI☆KA☆GA

恋すれど(オイ)花吹雪(ア・ソレ)
夢見れど(オイ)桜吹雪(エイヤッサー)
恋すれど(オイ)花吹雪(ア・ソレ)
夢見れど(オイ)桜吹雪

(ねえねえ今何代目?今11代!)
プロフィール
HN:
三城
Webサイト:
性別:
女性
自己紹介:
にわか歴史好きの腐女子
ブログ内検索
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30




Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 定価70円 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]