忍者ブログ
歴史と創作が好きな管理人のゆるいブログです。 カテゴリーから任意のページへどうぞ。


北畠親房が詠んだ「さきだてし心もよしやなかなかに憂き世のことを思ひ忘れて」という和歌が悲痛すぎて辛いです。子(=顕家)に先立たれた悲しみで、一時ではあるもののこの世の中の憂さを忘れることができるものだ(『吉野拾遺』)



豪胆で直情的で頼りになると評判の赤入道こと山名宗全ですが、彼が詠んだ和歌がかなり乙女でこれが可愛い。「星合の頼む夕べを待ちすぎて床のひとりゐ夜半ぞ更けゆく」一年に一度の逢瀬を心待ちにしている棚織のように、貴方を一人待ち続けて夜が更けていくことであるよ……

kawaii
PR
プロフィール
HN:
三城
Webサイト:
性別:
女性
自己紹介:
にわか歴史好きの腐女子
ブログ内検索
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31




Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 定価70円 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]